慰謝料と養育費とは違う!

離婚に関わることとして、慰謝料と同時に養育費という語彙をよく聞きます。
慰謝料は離婚が決定した時に、夫または妻から被った心的、身体的な傷に対する補償金です。
離婚慰謝料というのは大人のために支払われるものですが、養育費を受け取る権利は子供にあります。
養育費というものは、未成年の子どもを見守り、教育するためにかかる費用ということができます。
離婚相手との間にお子さんが生まれていた場合は、離婚確定すればどちらか一方がその子供を単独で扶養することになります。
そうなると、重大な問題となるのが子供の面倒を見るときに必要になる出費のことだと思われます。
子どもの毎日を保障し、心身ともに健康に育てあげることは、もちろん親としての責任です。
配偶者と別れたからといって、親でなくなるということはないのです。
そういうわけで、妻の不倫が原因の離婚で、妻が子どもを育てることになった場合でも、父親は養育費を支払わなくてはなりません。
それは、慰謝料とは違い子どもにかかる費用を賄うためのものだからです。
もちろん逆の場合であっても、妻が養育費を賄う責任が生じます。
離婚の為に、子どもの養育に支障が出ないようにと取り決められたのが養育費なのです。
離婚になったら、子どものために必要な額の養育費、また支払う期間の長さなど、子どもが困らないためによく話し合うことが大切です。
養育費は育てる側の親の権利ではなく、子どもの為のお金であるということを分かっておくべきです。


離婚養育費 Wiki

ソープ求人 30代 69 21学生ローンの審査